家よりも快適な空間で
心置きなく
勉強に取り組んでほしい

勉強カフェ

カフェをイメージした内装に合わせ、 デザイン性のある空気清浄機を選びました

カフェをイメージした 内装に合わせ、デザイン性のある 空気清浄機を選びました

「勉強カフェ 両国スタジオ」は、2019年6月にオープンしました。スタジオ内は、カフェをイメージしたラウンジスペースと、集中して勉強や仕事に取り組める ワークスペースといったふたつの部屋に分かれています。

当スタジオが入っているビルは、飲食店が立ち並ぶ一画にあり、窓を開けると外の騒音が流れ込んできてしまいます。特に、ワークスペースは換気しにくく、空気がこもってしまうため、オープン当初から空気清浄機を導入したいと考えていました。

吉祥寺や名古屋など、これまで展開してきた店舗には、深く考えずに国内メーカーの空気清浄機を導入していました。しかし、両国スタジオをオープンしたとき、「せっかく内装に力を入れているのだから、家電やインテリアもデザイン性のあるものを選びたい」と思ったんです。

選択の決め手は、洗練されたデザインと フィーリングで操作できる点

AIRMEGAを初めてウェブで見たときは、スタイリッシュで、空気清浄機らしくないデザインだと感じました。洗練された美しいデザインが気に入り、ひと目で導入を決めましたね。タッチパネルを押すだけで、フィーリングで操作できる点も良いと感じました。本体カラーはホワイトとメタリックシルバーの2種類あるようですが、個人的には当スタジオに導入しているメタリックシルバーが特に好きです。

一般的な空気清浄機よりも奥行きがあり、狭い空間に置くと、かなり存在感があるかもしれません。ただし、「きちんと空気を清浄しています」というお客様へのアピールになるため、私たちにとって、その存在感は決してマイナスではないと考えています。

「プレフィルターの掃除は、手入れがすごく簡単ですね」

空気に対する意見が上がらないことが 物語る性能の良さ

勉強カフェのコンセプトは「大人の学び場」であり、創業時から「コミュニティを通して学ぶ」ことを意識して、スタジオを運営してきました。1人で黙々と自習するだけでなく、コミュニティマネジャーや他の利用者との会話を通して刺激を受けることも、勉強のモチベーション向上につながると考えています。

小さめのボリュームでBGMを流している点も、勉強カフェのこだわりのひとつです。無音だと、他の利用者の筆記音や物を置く音が気になって、集中力を削がれてしまうことも。ワークスペースでは集中してテキストに取り組めるようにボーカルの入っていない曲、ラウンジスペースでは話しやすい雰囲気をつくるためにボーカル入りの曲を流しています。

BGMを流していることも影響しているかもしれませんが、AIRMEGAを導入してから、一度も「空気清浄機の音が気になる」といった声はいただいていません。それくらい静かで、たまに動いているか心配になることがあるくらいです(笑)。

また、お客様から空気に関するご意見を一度もいただいたことがありません。
他の店舗では、お客様から「空気がこもっている気がする」という声をお受けすることもあるのですが……。そのような声が上がらないことが、AIRMEGAの性能の良さを物語っているのかなと思います。

しいて言えば、勉強カフェは資格の勉強をしている会員の方が多く、「試験前に風邪を引きたくない」といった理由で、湿度を気にされる方がいらっしゃいます。加湿機能が付いた製品や、AIRMEGAのデザインと性能を踏襲するような加湿器があると、うれしいですね。もちろん性能には満足しているので、今後、オープンを控えている店舗でもAIRMEGAの導入を検討していきたいです。

「プレフィルターの掃除は、手入れがすごく簡単ですね」

話してくれた人

株式会社ブックマークス
勉強カフェ事業部 統括マネジャー
寺本 拓也さん

統括マネジャーとして、全29店舗の「学びのコミュニティづくり」に取り組んでいる。

統括マネジャーとして、全29店舗の「学びのコミュニティづくり」に取り組んでいる。

導入モデル

AIRMEGA 400S

AIRMEGA 400S