ハーバード大学教授が、きれいな空気にこだわる理由

AIRMEGAが空気清浄機市場をリードする存在でいられる理由のひとつは、研究に対する献身的な姿勢です。もちろん、業界随一の技術力が不可欠であり、考え尽くされたデザイン哲学も重要です。しかし、これらの要素は、空気清浄機をつくるために陰ながら行われている研究によって支えられています。空気質の研究へ向けられた献身さは、AIRMEGAがいかに問題を的確に捉えて解決しているか、そしてその解決策に正しく取り組んでいるかどうかを教えてくれます。

「きれいな空気ときれいな水が、公衆衛生には極めて重要です」ペトロス・コウトラキス博士

この研究の要のひとつは AIRMEGAとその生みの親であるコーウェイが、ハーバード大学公衆衛生大学院で環境科学の教授を務めるペトロス・コウトラキス博士と共同研究を行っているということです。博士はこれまでに大気と水質に関する300以上の論文を発表しています。

「コーウェイの好ましいところは、信頼できる製品を開発し、より良い技術を実現するための研究を望んでいる点です」 パートナーとしてのコーウェイについて博士は語ります。

「私たちは、アメリカ国立衛生研究所から資金提供を受けて、コーウェイと大規模な研究プロジェクトに取り組んでいます」 現在進行中の研究について博士は語ります。「空気清浄機が学校に与える影響や喘息(ぜんそく)を患う子どもたちの健康を改善できるかどうか知りたいのです」

空気と水に関する研究について語るハーバード大学公衆衛生大学院のペトロス・コウトラキス博士

米国アレルギー・喘息・免疫学会によると、一般的な喘息(ぜんそく)の誘発には、 室内のアレル物質、大気汚染、ニオイ、有害ガスが含まれます。もしこれらの要因が、公共の場において効果的な空気除去システムによって緩和されれば、当然のこととして喘息を患う児童の健康が総合的に改善し、喘息の発作による学習の中断を減らすだけでなく、投薬への依存度も低下します。

「きれいな空気ときれいな水が、公衆衛生には極めて重要であると私は思います」と、コウトラキス博士は語ります。「健康向上を目的とした機器を製造するコーウェイのような企業がいてくれることをうれしく思います。我々はこれらの機器を使って、環境に敏感な人たちを守る必要があるのです」

きれいな空気と水に関するコーウェイの研究開発の詳細については、こちらをご覧ください

BLOG