引っ越し先の部屋の空気のことを考えてみましたか

新しい家やマンションへの引っ越しは、新生活への期待がふくらむ一方で、ストレスでもあります。通勤ルート、子どもたちの学校、隣人や近所の様子など、引っ越しをする際には、向き合わなくてはならないことがたくさんあります。しかし、引っ越し先の空気のような、意識されにくい変化についてはどうでしょうか?

隣町に引っ越す場合でも海外に移住する場合でも、空気中のガス成分量、いわゆる空気質は、いくつかの要因によって変わる場合があります。

その土地に植えられている木の種類、工業地帯、クルマと通勤する人の数、建物の種類。それらすべてが空気質に影響します。もしあなたが、すでにアレルギーや喘息(ぜんそく)を患っている場合は、空気のきれいな地域に住むことは、良い隣人を持つことと同じくらい重要かもしれません。

幸いにも、あなたの新しい家の周りの空気質を判断するのに役立ついくつかの手段があります。アメリカに暮らしているのであれば、AirNow.govAQICN.orgのようなサイトを利用できます。アメリカ全土のリアルタイムの空気質情報や空気質予報を提供してくれるので、引っ越し先の状況をあらかじめ想像するのに役立ちます。空気の状況が気になる場合は、不動産情報サイトを検索する前に、まずはこれらのサイトをチェックしてみてください。

屋外の空気質に加えて、室内の空気質も、引っ越しによって変化する可能性があります。もちろん、家具や布製品、日用品の梱包・移動によって、ホコリやフケのようなものは空中に舞い上がり、呼吸器を刺激します。また、カーペットを交換したり、新しいテーブルやソファーを購入したりする場合は、「新しい物」のニオイとして認識されるオフガス(化学反応などによって放出される気体)の影響を考慮する必要があります。揮発性有機化合物(VOCs)のオフガスは、呼吸器に悪影響を与えます。引っ越し用の梱包をしているときとそれらの荷物を移動させているときには、あなたと家族の健康を保つためにHEPAフィルター付き空気清浄機のスイッチを入れることを忘れないでください。

世界中の空気質の変化に従って、自宅で空気清浄機を使う人が増えています。引っ越しは、空気清浄機を使い始める絶好の機会です。ご自身の新居用に、または引っ越し祝いとして、1台購入してみてはいかがでしょうか。あなたの新居をより安全で健康的な場所にするAIRMEGAの詳細については、製品紹介ページをご覧ください。

BLOG