キッチンで料理をすると、部屋の空気が汚染されます

カリフォルニア大学システムおよび米国科学アカデミーに付属する国立研究所として知られるローレンス・バークレー国立研究所の研究者たちは、家庭料理による空気汚染とカリフォルニア州で利用可能なさまざまな調理用レンジ排気システムの有効性について調査しています。

ブレット・シンガー氏が率いる研究チームは、一般的なガス台の上に設置されるさまざまなレンジフードを用いて、天然ガスと食用油を使って食材が調理されるときに放出される煙を換気する試験を行いました。

カリフォルニア州のかなりの数の家庭では、ガス台を使って調理した際にキッチンの空気質が屋外の空気質基準を上回り、過剰な二酸化窒素、一酸化炭素、超微粒子を放出します。

これらの汚染物質の量は、家庭で料理する機会が増える休日にピークに達する傾向があります。注意していただきたいのは、この空気汚染が家の中で起きているということです。 ほとんどの人が気づいていないだけで、それは高速道路の周辺並みに汚染されたキッチン、リビングルーム、寝室で暮らしているのと同じことなのです。

この汚染状態を防御する最初の砦は、一般的にはレンジフードということになります。この調査によると、レンジフードの換気性能は製品によってさまざまで、汚染物質の15〜98%を室外に排出します。そしてレンジフードの有効性を評価する独立した評価システムは存在しないことも判明しました。

高品質の空気清浄機は、調理によって放出された煙、ガス、粒子を減少させ、部屋全体の空気質を改善することができます。ダブルパワー構造の活性炭HEPAフィルターは、調理中に放出された粒子をキャッチして空気中から除去し、同時に調理の際に発生するニオイを低減します。さらに、AIRMEGAのようなシステムを持つ空気清浄機は、室内の空気質の変化を感知し、自動的に清浄機能を作動させることも可能です。また、リアルタイムの空気の状態に応じて、カーボンフィルターを通過する空気の量を調節することも可能なので、安心して料理を楽しむことができます。

BLOG