新型コロナウイルスへの効果について

COWAYの空気清浄機AIRMEGA(エアメガ)は、「新型コロナウイルス」への効果について検証しておりません。 AIRMEGAは医療機器ではないので、特定のウイルスや菌に係る疾病の予防効果は検証しておりません。

AIRMEGAは、一部のウイルスや菌を対象に除去および不活化効果を確認するための試験を第三者機関で実施しております。以下は、その代表的な試験結果です。これらは統制された試験条件下での結果であり、実際の使用空間での実証結果ではありません。実際の効果は、お部屋の状況やご使用方法によって異なります。

1.抗菌GreenHEPAフィルターとして
      捕集した一部のウイルスや菌の活動を抑制できることを確認。
試験概要
【試験機関】(一財)日本食品分析センター
【試験対象】インフルエンザA型(H1N1)ウイルス
【試験方法】 対象ウイルスを滴下した試験片でウイルス感染価を測定
【試験結果】24時間後検出せず

試験概要
【試験機関】高麗大学(Korea University、韓国)
【試験対象】マーズコロナ(MERS-CoV)ウイルス*
【試験方法】 対象ウイルスを点滴した試験片でウイルス不活化性能を評価
【試験結果】1時間で99.99%抑制効果を確認
    *マーズコロナウイルス=コロナウイルスの一種

 

2.空気清浄機AIRMEGA本体として
      一部の浮遊ウイルスや浮遊菌を除去できることを確認。試験概要
【試験機関】(一財)日本食品分析センター
【試験対象】浮遊した1種類のウイルス
【試験方法】約25㎥の試験空間で(一社)日本電機工業会規格(JEM1467)「ウイルス除去性能評価試験」にて実施
【試験結果】1時間で99.99%で減少

 

3.空気清浄機本体に装着された抗菌GreenHEPAフィルターが
      一のウイルスをろ過できることを確認。試験概要
【試験機関】高麗大学(Korea University、韓国)
【試験対象】インフルエンザA型(H1N1)ウイルス、インフルエンザB型(Yamagata Limeage)ウイルス、ライノウイルス
【試験方法】該当フィルターを取り付けた空気清浄機の吹出し口から捕集した空気で培養観察。プラーク試験を実施
【試験結果】感染能抑制率99.9%以上
【試験機種】AIRMEGA 200と同等性能のCOWAY空気清浄機(日本未発売)

※試験対象物質、試験方法、試験機種等の詳細は、AIRMEGAのカタログやホームページをご覧ください。

BLOG